給料や拘束時間、待遇、通勤手段、通勤時間など、自分の現在の環境を確認しておく必要があります。

 

保育士転職に必要な自己分析とは

 

「今の職場を探す時に、あまり待遇など細かなところを確認せず選んでしまった…」
「初任給から給料が全く上がらず、余裕のない生活が続いている…」

 

など、悩んでいる方はいませんか?
そんな方は、今すぐにでも保育士転職を考える必要があります!

 

しかし転職をするにあたって、現在の自分の状況が分かっていなければ、改善することは非常に難しいです。

 

そこで今回は、保育士転職の際に使える自己分析のポイントをご紹介致します。
より自分の条件にマッチした職場を見つけるために、今の自分の環境を再確認していきましょう。

 

⇒ 保育士転職に関する注意点はこちら

 

給料

 

お給料

 

 

まずは、自分が今受け取っている月給の額を確認しましょう。
保育士の平均的な月給は18万円で、平均年収は296万円と言われています。
自分の貰っている金額が平均値を超えているのか下回っているのか、または平均値であるのかを確認する必要があります。

 

平均的な金額を上回っていた場合、月給は現在と変わらず他の面で改善できるような職場を探す必要があります。
逆に月給が下回っていた場合は、第一に今の職場よりも月給の高い保育所を探す必要があります。また、月給が平均額を下回っていなくても「生活に支障が出ている」と感じる場合も同様になります。

 

拘束時間

 

腕時計で時間を確認する女性

 

次に拘束時間について確認をしていきます。
主に拘束時間でチェックしたい点は3つあります。

 

  • 残業が頻繁にあるか
  • 休暇はしっかりと取れているか
  • 長期休暇や特別休暇はあるか

 

です。
まず、残業ですが、保育士である限り0時間ということはほぼありえないでしょう。
理由としては、大きな行事の前は必ず普段の業務+準備時間というものが存在するからです。しかし、稀に残業時間としてカウントをせず、自宅で準備を終わらせてくるように強いるような施設も存在します。
いわゆる、このサービス残業があるかないかでも、月給や、自分への負担のかかり具合が違ってきます。

 

また、求人から探してみると“残業ほぼなし”と書かれている場所も多く存在します。
そのため、拘束時間について悩みを抱えている方は、第一に残業の有無(またはどれくらい残業時間があるか)を確認すると良いでしょう。
そして、休暇がしっかりと取れているか、長期休暇などは設けられているかも同時にチェックしておけば、働いたときに、より安定した生活が送れること間違いありません。

 

待遇

 

引っ越し風景

 

今現在働いている保育所では、どんな待遇があるのかを確認しましょう。
交通費の支給はもちろん、家賃や引っ越しの補助金を負担してくれる保育園もあります。

 

逆に、研修制度や社会保険が完備されていても、時短制度お祝い金などは一切なく、基本給は同じなのに、待遇の良い施設に比べて損をしている人もいます。
そのため、もしも「社会保険の加入くらいしか聞いたことがないな」と思った場合は、同じ月給で、もっと待遇の良いところはないのかを比較しながら探していきましょう。

 

通勤手段・時間

 

電車でつり革に掴まる女性

 

最後に調べておくことは、通勤についてです。
今、実際に何で通って、どれくらいの時間で勤務先へ着いているのかを再確認する必要があります。
もしも今の通勤に、乗り換えの手間や時間がかかっているなと感じた場合は、自宅から近い範囲内や、通いやすい場所に展開する保育所を探していく必要があります。

 

今回の調査では、人が抱えるストレスの原因の一つとして、朝の通勤時間が大きく影響しているという結果が出ました。
1985年~2003年にかけて経済学者のブルーノ・フライ博士がドイツで行った幸福度調査によれば、人が1日の中で最も不快だと感じる瞬間が通勤時間だと発表しています。
さらに、長時間の通勤がもたらすストレスは、年収が40%アップしなければ割に合わないとも断じました。

 

通勤時間や手間を省くことは、ストレスの軽減にも繋がるということがわかります。
従って、ストレスフリーな職場で働くためにも、現在通っている保育所より通いやすい職場を選ぶ必要があります。
また、そのためには、今の通勤時間や交通手段を確認しておかなければならないのです。

 

まとめ

 

待遇が良くなかったり、月給が良くなかったりと、働く場所によって多少の偏りはあると思います。
しかし、自己分析をすることで、どの部分を改善していきたいのかが明確になり、他の施設と比較がしやすくなります。
なるべく細かなところまでメモに残し、次の職場を探す際の参考にしていきましょう。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る