保育士転職は自分の居場所を作りやすい職場であるかどうかが成功のポイントです。

 

成功する職場の選び方

 

実は、保育士転職に成功している人には、同じような特徴があります。
それは“職場の選び方”です。
しかし、どのような選び方をすれば自分に合った保育所を選ぶ事が出来るのか疑問に思っている方が多いですよね。そこで今回は、失敗しない職場の選び方や成功のポイントについて詳しくご紹介致します。

 

保育方針の確認

 

ピアノを弾く女性の手元

 

保育所によって、もちろん保育方針は異なります。
健康を意識した保育所ならば身体を動かす行事が多いですし、学業に力を入れている保育所ならば、文字や数字、音楽など将来勉強に活かせるような時間を設けている所が多いです。
しかし、月給や待遇で比較し、選んだ保育所の保育方針を知らないまま就職が決まってしまうと、自分の得意な分野が活かせず、せっかく良い待遇の施設なのに業務内容が合わないという別の問題で悩みを抱えてしまう可能性もあります。

 

保育士転職をして成功した人は、自分に合った保育方針を選んでいるという特徴もあります。ですので、必ず気になった保育所を見つけた際には、公式ホームページから保育方針を確認し、自分に合っている場所かどうかを判断するようにして下さい。

 

居心地が良いか

 

読み聞かせをする保育士

 

保育士転職で職場を選ぶ際に、見学という形で何件も施設を訪問するかと思います。
その時保育園で見学をしている間、居心地が良かったかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。

 

居心地が悪いと感じる保育所にはなんらかの理由があります。
それは園のシステムであったり、職員や子供との相性であったりと様々です。
また、そういった居心地の悪いと感じる保育園が自分に合っている可能性は0に近く、他を探せばしっくりとくる保育所を必ず見つけることができます。
そのため、居心地が悪いなと感じたら自分の直感を信じ、候補から外すようにしましょう。

特技を活かせるか

 

保育士が作った美術作品

 

転職した先の保育所で、自分の特技が活かせるかどうかも、成功するかしないかを決める大きな分岐点となります。
いざ就職先が決まった時、先輩保育士があまり自分に役割を分けてくれないとなれば、自分が入れるスペースがありません。
つまり、自分が入れるスペースがないということは、その職場で居場所を作るのが難しいということです。

 

せっかく転職をするのならば、自分の役割がきちんと用意されている、または自らつくることができるような環境で働きたいですよね。
従って、自分の特技を活かすことができるのか、自分はこの職場で必要とされる存在になれるのかを判断する必要があります。

 

成功のポイントとは?

 

じゃんけんをする保育士と男の子

 

保育士転職で成功している人は、しっかりと自己分析を行い、どんな点を改善したら良いのか、自分の特技を活かせる職場であるのかを見極めることができた人です。
そして、成功するための判断ポイントとしては「いかに自分の居場所を作りやすい職場であるかどうか」が重要になってきます。

 

特に子供や、送り迎えで顔を合わせる子供達の親、職場の人達とコミュニケーションが取れるか取れないかも、毎日の充実度が大きく異なってきます。
コミュニケーションは、日常の中で信頼関係を築ける重要なポイントとなります。

 

しかし、園によっては一部の子供の世話で手一杯になり、全員と心の距離を縮めることができなかったり、親や職員と交流する機会があまりなく年月が過ぎてしまったりすることも多々あります。
ですが、コミュニケーションを取らなければお互いにどんな人であるのか知ることが出来ないため、いつまで経っても環境に馴染むことが難しいです。
そのため、見学の段階でも積極的に園内の人達に話しかけ、自分の居場所を作ることが出来るかどうかを確認しましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?事前に確認する点は、当たり前のようなことを言っているようですが、案外見落としていたり、わかっているのにできていなかったりする人も多いです。
しかし、せっかく転職というチャンスが巡ってきたのにも関わらず、また同じ失敗を繰り返していてはとても勿体ないですよね。
そのため、成功している人のポイントや選び方をよく確認し、職場選びで活かせるようにして下さい。

 

 

 

ページの先頭へ戻る